漫画買取は状態で変わる!綺麗にたもつ保管・クリーニング方法を解説!

漫画買取は状態で変わる!綺麗にたもつ保管・クリーニング方法を解説!

「気づいたら漫画を買いすぎて本棚に入りきらなくなった・・・」
「もう読まなくなったし邪魔だから売りたいけど、本当にお金になるか不安。」

これ、漫画好きなら誰しもが経験する悩みですよね。

確かに漫画を売ることはできますが、売る前に気を付けてほしいことがあります。

それは、あまりお金にならないことと、値段がつかない本も多くある、ということです。

実際にお店に行ったり業者に来てもらったりする前にある程度判断できるよう、今回の記事を書きました。

というわけで、今回の記事は以下のような方におすすめです!

・どんな状態の漫画だと売れないのか知りたい
・漫画を少しでも高く売りたい
・漫画のクリーニング方法を知りたい

買取できない漫画の状態って?

漫画買取ではどんな本でも買い取ってくれるわけではありません。

漫画の状態によっては減額されてしまったり、そもそも買取ができなかったりする本もあります。

買取ができない漫画の状態

漫画を売りに出しても値段がつかないことは多くあります。
売れそうにない漫画は思い切って捨ててしまう方がいい場合も・・・。

査定を行う側も人間なので、あまりに多く買取不可の本を査定に出してしまうと、それに伴って他の本まで悪い評価になってしまうことがあるのです。

そうならないためにも、以下のような状態は気を付けたほうがいいかもしれません。

・紙が水でふやけている
・匂いが染みついている
・本が折れている、破れているなどの欠陥がある
・漫画のカバーがない
・日焼けがひどい
・シミやカビがある

この中でも明らかに買取ができないのは、ページが破れていたり、漫画のカバーがなかったり、紙が水でふやけている状態です。
買う側からしても、こういったものは明らかに買いたくありませんよね。

逆に判断しづらいのは、日焼けがあったり匂いが染みついていたりする状態です。
このような場合は、あまりにひどい状態でなければ一度査定に出してみるのも手ですね。

買取ができない種類の漫画や本

いくら状態が良いとはいっても、どんな漫画でも買い取ってもらえるわけではありません。

以下の種類の漫画はたいていの業者で買取不可になっています。

・雑誌(週刊少年ジャンプなど)
・コンビニコミック
・同人誌

昔流行った漫画がカバーなしでコンビニで売られていることがありますが、基本的には買取できません。

また、同人誌はいわゆるコミケなどで売られているような本であり、出版社から正式に販売されていないため買取不可となっています。

状態の悪い漫画をきれいにする方法

「この本汚れているし、黄ばんでいて買取はできなさそうだな」と考えても捨てるのはまだ早いです。

あまりにひどい状態でなければ綺麗にできるかもしれません。

漫画の表紙の汚れを落とす

表紙の汚れが軽度の場合はウェットティッシュで落とします。
さらにアルコール除菌がついているものだと、殺菌も同時にできるのでおすすめです。

もっと綺麗にする場合は、住宅用洗剤を使いましょう。
弱アルカリ性の洗剤を水で薄めたものを布に吹きかけ、表紙を磨きます。特に表紙がつるつるしている場合は効果抜群。

それでも汚れの落ちないものや、明らかに水分がつくとふやけそうな種類の表紙には消しゴムが有効です。
その時にごしごし擦りすぎると印刷まで薄れる可能性があるため、優しく擦ります。
特に、値札シールの剥がし跡は消しゴムが最適です。

漫画の黄ばみを落とす

日に当たる場所に置いておくとできてしまうのが、日焼けによる本の側面の黄ばみ
実は紙やすりで磨くことによって多少は綺麗にすることができます。

方法としては、本の上から平行に優しく研磨して黄ばみを剥がし落とします。

紙やすりは本を傷つけないために目の細かいものを選びましょう。
紙やすりには「番手」と呼ばれるものがあり、数字が大きいほど目が細かくなります。
本の手入れには300番台から400番台のものがおすすめです。

漫画の状態を保つための保管方法

読まなくなった漫画は少しでも高く売りたいものです。

そのために、保管の段階から気を付けておくべきことがあります。

もちろん売らない場合でもきれいな状態で保管しておきたいですよね。

日焼けをさせないようにする

日光の当たるところに置いておくと、色あせて日焼けをします。
日光だけでなく蛍光灯による光でも日焼けすることがあるので注意しましょう。

本の一つ一つにカバーを付けて日焼け対策をすることもできます。

表紙や帯をとっておく

表紙がないだけで漫画の買取は不可になります。

逆に表紙が新品のようにきれいだと、評価が上がり買取金額が上がることもあります。

汚れや日焼けを防ぐためにも表紙はとっておき、別で保管しておくのも手です。

湿気が多いところに置かない

本を保管する上で大事なのが湿気対策をすることです。

湿気のある場所に置いておくと、本がよれよれになりカビが生えることがあります。
カビが生えると本のにおいも発生し、評価が落ちる原因にも。

また、「紙魚(シミ)」といって本を食べる虫も存在します。
紙魚は湿度75%以上の湿った場所で動きが活発になるため、湿気が多いところに置かないよう注意しましょう。

よく段ボールに保管する場合もありますが、段ボールも同じ紙のため湿気には弱いです。
保管する際はプラスチックケースで保管して、除湿剤や乾燥材を中に入れるのが一番いい方法ですね。

どこで漫画を売るのが一番高く売れる?

漫画を売るといっても、店舗で売るのか、ネット宅配買取を利用するのか、フリマアプリを利用するのかといったように手段は様々です。

少しでも高く売りたいのか、楽に売りたいのか、などによっても選ぶ方法は異なります。

フリマアプリやオークションサイト

例えば、メルカリやヤフオクなどのオークションサイトを利用する方法があります。

この方法は自分で値段を設定するため一番高く売れます

ただし、労力は一番かかってしまいますね。

・値段設定
・買い手とのメッセージのやりとり
・梱包
・配送

これだけの労力がかかることと、すぐに売れないことがデメリットとして挙げられます。
特に高く値段を設定した場合は、なかなか売れずに手元に残ってしまうことも。

そのため、時間や手間はかかってもいいから高く売りたいといった人にはおすすめです。

店舗で売る

ブックオフなどの店舗で売るのが一番王道です。
持って行ったその日に買取をしてくれるため、いち早く売りたい人にはいいでしょう。

ただし実際に自分で持って行かないといけないことや、査定に時間がかかるといったデメリットもあります。
基本的に買取価格は安く、ネット宅配買取とあまり変わらない印象です。

ネットの宅配買取を利用する

ネット買取では査定に出したい本を配送し、査定額に満足できなったら返品してもらうことが可能です。

返送料が0円のところもあるので、気軽に査定に出すのもありですよね。

ネット宅配のメリットとしては、大量の漫画を一気に査定してくれること、漫画を持ち運ぶ手間がかからないことなどがあります。
また、送料が無料になるところもあるので気軽に利用できます。

ネット買取のおすすめ業者についてはこちら!

買取不可になりそうな漫画でも買い取ってくれる業者

あおば堂は、買取不可になりそうな漫画でも買い取ってくれる可能性があります。

あおば堂の特徴としては以下が挙げられます。

・一つ一つの商品の買取価格を教えてくれる
・一部商品の返品対応をしてくれる

このようにお客様目線での対応をしているため、他店では買取不可になりそうな漫画でも買い取ってくれるかもしれません。

実際、あおば堂の公式サイトを見ると状態が少し悪くても買取できることが分かります。

売りたい漫画の状態に不安がある場合は、あおば堂に買取を依頼してみてもいいかもしれませんね。

公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしょうか。
せっかく漫画を売るなら、少しでも高く売りたいものですよね。

漫画を綺麗にすることで買取可能になり、高く売れるようになる可能性もあります。
売りに出す前に、一度自分でクリーニングするのもいいかもしれません。

高く売れる漫画や高く買い取ってくれる業者については、こちらの記事でも詳しく紹介していますのでぜひ参考にしてみてください!→漫画を高価買取してもらうには?高く売るコツと高価買取業者を紹介!